いつきの半目ブログ

極貧で神社育ち、難病持ち、クレイジー家族持ち、かつオタク気質ないつきがこれまでの人生やらなんやかんやを書いています

初めてづくし。

こんにちは、いつきです。

 

おしりが痛くなりすぎて難病が発覚した話、その3です。

 

〜前回までのあらすじ〜

中学2年生のオタク女子いつきは、

おしりが痛くなりすぎて初めて行った肛門科で即手術を受け、

「ほぼクローン病だから検査してこい」と言われるが・・・・・・

 

ということで、

肛門科の先生にクローン病にくわしい病院を紹介され、

いつきはクローン病かどうかを調べるため、

ありとあらゆる検査を人生で初めて受けることになりました。

胃カメラ、大腸カメラ、バリウム造影検査、CT、MRI、エコー・・・

と、検査のフルコースでおなかの中を探られることに。

 

CTとかMRIとかエコーとかは全然、まったくもって辛くないのですが、

胃カメラと大腸カメラ、

そしてバリウムが死ぬほど辛いんですよね。

 

経験したことがある方ならお分かりかと思うのですが・・・

結構本気で割としんどいですよね、あれ。

 

ということで、

唐突ですが、ここでいつき的「しんどい検査ランキング」を発表したいと思います。

 

第3位、胃カメラ

胃カメラも、上位二つに比べればそんなにしんどくもないんですけど、

何が辛いって、あの検査前に麻酔をかけてる時が辛い。

 

麻酔のかけ方は病院によっても多少違うんでしょうけど、

わたしの場合は、

上を向いたままアーンの状態で喉に麻酔のジェルを入れられ、

 それを飲み込まずにそのまま15分くらい待つ

という方法だったのですが、

まずジェルがものすごい苦い

この時点でもう辛い。

そして喉のけっこう奥に入れてるので、

喉が生理的にそれを飲み込もうとしちゃうんですが、

もちろん飲んではいけないのでそれは我慢しなくてはいけないのでそれも辛い。

そして何より、

わたしは副鼻腔炎も患っていて、

上を向いていると鼻水が喉のほうに流れていってしまうので、

もう口でも鼻でも呼吸することができなくなり、

苦っ!苦しっ!てか苦っ!苦しっ!息!呼吸!!死ぬ!!!苦っ!!!!!!

っていうのが15分続くんです。

そしてそれに耐え抜いてやっと胃カメラ本番になるんですけど、

喉にカメラ入れられる時、

普通にめっちゃ痛いんですよ。

麻酔の!意味!!!

さっき死にかけた意味!!!!!!!

ってなりましたね。

でも検査自体は割とすぐ終わるので3位というところでしょうか。

 

第2位、「大腸カメラ

大腸カメラの何が辛いって、

腸の中身をからっぽにするために、

まずい下剤を2リットル飲まないといけないというところが辛い。

そして飲んだら飲んだ分、

当然下から出てくるというところも辛い。

どんどん水がおしりから出てくる感になるんですよ。

思い出してください、ひどくおなかを下している日のことを

おしりから水状のものが出続けたら、

普通のひとでもおしり、痛くなりますよね?

こちらはただでさえ、

先日おしりの手術を受けたばかりの繊細なおしりを持つ者ですからね。

これはもう、この時点で、かなりの地獄でした。

そして、この痛い部位にこれからカメラを入れるのかと思うと、

わたしは恐怖で震えました。

会いたくて震えることはないけど。

恐怖で、震えました。

 

そして腸の中がからっぽになると、

いよいよ大腸カメラ本番になるのですが、

おしりに穴の空いた紙パンツを穿かされ検査室に入り、

ベッドの上に横になり、やや眠くなる麻酔的な薬を打たれて検査が始まります。

この薬のおかげで意識がぼーっとするんですけど、

おしりにカメラが挿入されるときは、やはり

「うぎゃーー!!!!」

と叫ぶくらいに痛いわけです。

もうね、本当に、痛いわけです。

そして腸の中を見やすくするために、カメラが進むとともに、

腸の中に空気も入れて腸をパンパンに膨れさせるんですけど、

これが、

腸が破裂する?!!?!!!??

って思うくらいに空気を入れられるのでめっちゃ痛いんです。

もうおしりは痛いし、腸は破裂しそうで痛いし苦しいし、

しかも全然終わらないし、で、本当にすごく辛い。

そして検査が終わったあとは腸に入れられた空気でおなかが張りすぎているので、

おなら的なものを出し続けなければ苦しみが終わらないというところも地味に辛いところです。

ということで、大腸カメラは、第2位、ですね。

 

そしてしんどい検査ランキング、堂々の第1位は・・・

小腸造影バリウム検査

です。

簡単に説明すると、

クローン病は小腸が狭くなっているところがあるからそれをバリウムを飲んで外からカメラで見るよ!」

という検査です。

バリウム、飲んだこと、ありますか?

わたしはあれを思い出すだけで吐き気がし、

食欲がなくなり、ダイエットに効果をもたらすほどに、

とにかく大嫌いです。

見た目的には白くて、不透明で、ちょっととろみもあって、

濃すぎる生クリームみたいな質感の液体なんですけど、

そして香りも人工的につけてあるんですけど、

一口飲んだだけで脳みそが

これは人間の飲むものじゃない!死ぬぞ!!!

という指令を発してきて飲むのを体が拒否するんです。

でも飲まないと検査が進まないから泣きながら飲むわけじゃないですか。

それで検査台みたいなのに乗っかって、

色々な角度にされてごろごろ滑りながら体勢を変えたり、

台から出てきた棒でおなかを押されたり(これが痛い)しながら検査を受けてたんですけど、

検査の係りの人に、

バリウムが下っていくのが早すぎてみたいとこが見れなかったからもっかいバリウム飲んでくれる?

って、言われたんですよ。

さっき!

あんなに泣きながら!飲んだのに?!??!?!

ってなって、

わたしはもうバリウムで気持ち悪いし、

検査でおなか押されて痛いし、

痛いし気持ち悪いしでもう飲みたくないよ!!!

ってなっていたので、「いやだ!」というようなことを言ったとおもうんですけど、

そしたら

「うんうん嫌だよね、じゃあ胃まで管を入れるからそっからバリウム流すね

ということになって、

よくわからないうちに口から胃まで管を入れられることになったんです。

管、って言ってもあれですよ、

全然細くないですからね。

子ども用のプールを膨らませるとき、

使う道具あるじゃないですか。

あれの、ポンプとプールをつなぐやつくらいの太さの管を、

いつきは口から挿入することになったんです。

そしてあれですよ、胃カメラのときと違ってノー麻酔ですからね、

喉に入れようとしても、喉の反射でおえっ、おえってなって、

もうこの時点で涙目なわけです。

なんとかかんとかおえおえっとなりながらも管を飲み込んで飲み込んで胃まで到達させて、

そしてそれからバリウムを流し込むんですけど、

どうやらうまいこといかなかったみたいで、

「じゃあこのままちょっと待っててくださいねー」

と言われて、

わたしは暗い検査室の中でひとり、待たされることになったのです。

 

暗いし寒いし気持ち悪いしお腹も痛い。

喉にある管のせいでずっとおえっおえってなる反射が止まらない。

その反射が出るたび、涙が出る。

検査の係りの人は「ちょっと」と言ったのに、

全然戻ってきてくれず、

わたしはどのくらい長い間その検査室にひとりでいたのかわかりませんが、

わたしはあまりに辛くて検査台の上で泣いていました。

その涙は、吐きそうになる反射のせいだけではありませんでした。

 

わたしは暗い検査室の中で、

どうしてこんなことになっているんだろうと考えていました。

いまは同級生の子たちは学校で授業を受けているはずの時間。

それなのにわたしはどうしておしりが痛くなって、手術をして、

難病かもしれないと言われて、

こんなに苦しい検査をしているんだろう。

先生はクローン病ほぼ間違いないって言ってたな、

どうしてこんなことになっちゃったんだろう。

わたしは何か悪いことをしたかな。

わたしがいい子じゃなかったからいけなかったのかな。

考えても思い当たらず、わたしはからだの苦しさと不安も相まって、涙が止まりませんでした。

 

そしてどれだけの時間が経ったかわからないくらいの長い時間のあと、

「はいじゃあ検査を再開しますー」

と突然言われ、何事もなかったみたいに検査は再開され、

また色々な体勢でおなかをぐいぐい押されてわたしは結構本気で死ぬかと思いました。

検査が終わったあとにはドラクエで言うところのHPが赤くなるくらいには瀕死でしたね。

いまならスライムと戦っても死んじゃう、ってくらいのあれです。

わたしが検査室から出たとき、これから同じ検査をすると思われる、

既に瀕死のおばあちゃんがいたんですが、

あのおばあちゃんは検査を最後まで受けられたのか、未だに気がかりです。

 

そしてそんな検査のフルコースを終え、

いつきはやはり

クローン病で、間違いないね!」

と、難病宣告を受けることになりました。

 

クローン病とのお付き合い編は、また次回に。