いつきの半目ブログ

極貧で神社育ち、難病持ち、クレイジー家族持ち、かつオタク気質ないつきがこれまでの人生やらなんやかんやを書いています

いつきとお休みと映画感想文

こんにちは、いつきです。

 

やっとこお仕事復帰なのですが、

お仕事復帰前に、お仕事とは無関係ですが、

脳みそのリハビリに、お休み中に観た『シン・ゴジラ』ほか、
映画やドラマなどの感想を。
めっちゃ長いので興味のある方どうぞ。
ネタバレポロリもあるよ!
.
.
.
.
 
エヴァはどうなったんだよ庵野ー!!
と思いながらほぼ前情報ナシで観に行ったのですが、
これはわたし的に最高に面白かったです。
途中、
「あれ?これゴジラと思ったけどエヴァと間違えた?」
と不安になるくらい、エヴァ感が溢れ出ていましたね。
作戦実行中の「例のBGM」は、否応なしにテンションが上がる!
 
完全にルー大柴化している石原さとみは、
オタクであるわたしにはほぼ気になりませんでした。
 
ゴジラシリーズを観るの自体初めてでしたが、
戦うシーンより会議シーンが多いのでは?
というくらい、
政治家達が日本の法律に照らし合わせてどうゴジラを駆逐するかを語り合い、
悩みながらも実行したり、
ダメだったら米軍や多国籍軍が登場しようとしていましたね。
あくまで、
「いまこの日本にゴジラが現れたら政府はどう動くか?」
が綿密な取材を元に描かれていたので、
ゴジラ対ニッポン、のコピーは、観終えて凄く納得しました。
 
多く目にする意見ですが、
わたしはゴジラは311や原発を表しているな〜と感じました。
登場シーンは津波だし、
瓦礫の山もデジャブだし、
ゴジラ放射性物質をばらまきまくるし(これは歴代のゴジラそうみたいだけど)、
無敵で倒しようがないのに周りを破壊し尽くすゴジラ原発で、
ゴジラを凍結させて一応動きは収束させたけれど、
いつまた動き出すかわからないゴジラ原発)と共存していかねばならないなど、
311や原発を日本人なら連想せずにはいられなかったのではないでしょうか。
311を経験した日本人なら、観て、いろいろ考えさせられる映画だと思います。
 
「あなたの国は、誰が決めるの?」
というルー石原の言葉も刺さりました。
 
政治のことは不勉強なので語れませんが、
国防における国際的な日本の立ち位置にもdisというか、
色々考えさせられる出来事やセリフが詰まっていたように思います。
 
そんな小難しめなこと以外にも、
巨災対のキャラクターが立ち過ぎていたり、
片桐はいりがいい仕事をし過ぎていたり、
平泉成平泉成パワーを発揮して輝いていたり、
余貴美子がかっこよすぎたり、
俳優さんがそれぞれ超いい仕事をしていました。
キャラが立ってる上での言いたくなるセリフもすごく多かった!
「何をしてもいいけどわたしの汚点になることはしないで。」
「礼は要りません、仕事ですから。」
「俺は好きにした。お前たちも好きにしろ。」
ていつか言いたいな、言おう。
 
ゴジラのCGも凄かったし(モーションアクター野村萬斎なの、よかった気がします)、
街が破壊され尽くすCGも凄かったし、
知っている街並みが破壊され瓦礫になっていく悲しさも、
311を経験しているから尚更のような気がしました。
人が亡くなる描写がなさすぎてリアリティに欠けるという意見も見かけましたが、
あれはほぼなかったからよかったのだとわたしは思います。
 
ヤシオリ作戦決行時の在来線無人爆弾とか超テンション上がるし、
周囲の建物を爆破してゴジラを倒し、
口から凝固剤を注入するシーンもハラハラドキドキでした。
一旦ゴジラが立ち上がって凍結したのも、
またゴジラがすぐ動き出す可能性が感じられてよかった。
 
ラストのしっぽにたくさんついてた人型、
何を指すのかめっちゃ気になっています。
しっぽからこの後人型ゴジラがたくさん生まれるところだったのかな〜。
人間のDNAが入っていそうなあたり、
牧元教授がゴジラの中に爆発的成長に関係している説をわたしは支持しています。
 
とにもかくにも見ていると脳内でのアドレナリンの放出を感じるし、
見逃してる部分もたくさんありそうなので、
あと52回くらい見に行きたい映画です。
.
.
.
.
 
『BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係』テレビ朝日
小栗旬主演で2014年に放送されていたドラマで、
「ラストがやばい、衝撃的」
「この小栗旬はよかった」
という意見をあちこちで見かけていたので気になっていたのと、
わたしの大好きな漫画『銀魂』が実写映画化するのですが、
わたしの愛するキャラに小栗旬が決定しており、
「イメージと違いすぎる・・・無理・・・」
と嘆いていたものの、
もう決まったものは仕方ない、
小栗旬の株を私の中で上げれば受け入れられるかもしれない、
ということで観てみることにしました。
(決して小栗旬自体は嫌いではないのですが、
 イメージに合わなすぎるので株を上げてみる作戦に出た)
ドラマのストーリーは小栗旬が死にかけたことから、
死人の霊と会話できるようになる刑事モノなのですが、
「死人と話せる刑事モノって・・・事件解決余裕かよ・・・」
と思っていたら案外そうでもなく、
解決できなかったり、
悪に負けちゃったりするところは「ほう・・・」と思いました。
死人(被害者多め)の霊と話せることから、
絶対に事件を解決したい、
絶対に悪を許せない小栗旬がどんどんダークサイドに堕ちていき、
最終的には、
「BORDERってそういう意味だったのかよ!BORDER確かに超えちゃったね!!!」
という本当に衝撃的なラストが待っていました。
めちゃくちゃびっくりした。
ラストとか、小栗旬の演技は確かに上手なのですが、
残念ながら銀ちゃんを小栗旬が演じることはまだ受け入れられそうにありません。
作品の質とは無関係ですが遠藤憲一さんが終始かっこよすぎてかっこよすぎて、
ケータイの壁紙を遠藤憲一さんにするか悩んでいます。
悪い政治家役で出てきた中村達也もかっこよすぎてふみ得でした。
.
.
.
.
 
『愛の渦』
乱交パーティーで知り合った女の子に、
本気になった池松壮亮くんが振られ、
「そりゃそうだよね!」
という感想しか持てませんでした。
描かれている人間模様は深いようでそうでもない。
映画のほとんどのシーンで誰かがセックスしてるのは衝撃的でした。
.
.
.
.
 
知的で繊細で気難しく全身がほぼ動かない障害者の中年男性に、
無遠慮で明るく教養のない青年が仕事でお世話役になり、
真逆の二人がともに過ごすことで、
お互いに得られるものがあって最高のパートナーに・・・
というようなお話で、
実話をベースにしているらしいのですが、
わたしはタイトルすら思い出せないくらい心に残りませんでした。
「よかったね!!!」
と思ったことは覚えています。
みたいな映画に興味がないせいかもしれません。
この映画自体には関係ないですが、
この映画のタイトルを思い出そうとしてたときに、
『最高の人生のはじめかた』とか、
しまいには
『最高の人生』
という、見つけたり始めたりしてたのがついに人生そのものになった!!!
みたいな感じで最高の人生を冠にしたタイトルの映画が多すぎて、
「みんな最高の人生欲しすぎててやばいな」と思いました。
.
.
.
.
 
海月姫
漫画のファンなので実写化を恐れて観ていませんでしたが、
俳優さん達の漫画でしかありえないはずのキャラの完成度が凄すぎました。
特に太田莉菜ちゃんのまやや様!!!!!!!!
太田莉菜ちゃんがあんなオタク演技をできるということに感動しました。
それ以外にも池脇千鶴が原作同様鼻から下しか出てなかったり、
篠原ともえも原作同様ダサ地味メガネで全く篠原ともえとわからなかったり、
本当に原作そのままで、勿体無いながらも女優魂が凄過ぎました。
女装の菅田将暉君に関しはどう見ても男なんだけど、
役作りのために10キロだか15キロだか痩せたり、
ヒールを履いて歩く練習をしたり相当努力をしたそうで、
菅田将暉くん愛が深まる映画になりました。
映画自体はそんなに面白いとは・・・て感じですが、
原作ファンだと楽しめそうな映画です。
.
.
.
.
 
『百円の恋』
安藤サクラがすごい。本当にすごい。
でもわたしは生理的に不快になるシーンが多くて辛すぎて、
最後まで感情移入が出来ませんでした。
でも、安藤サクラは本当にすごい。
まじですごい。
安藤サクラの凄さを見るためには素晴らしい映画だと思います。
.
.
.
.
 
ポリゴン的な絵の五分くらいのアニメで、
何話もあって、
色々な人たちが出てきますが、めっちゃ笑えます。
役者さん達は設定だけを与えられるそうで、
セリフとかは全部アドリブだそう。
声優さんじゃないのがすごい。
バカップルと、下着会社の営業マンの話と、
アトムがグレたり手塚漫画のキャラが出てくる話が好きです。
.
.
.
.
 
アニメ銀魂劇場版の完結編とのことで観てみました。
原作者が話を書き下ろしただけあってすごく笑えて面白くて、
5回くらい泣きました。
エンドロールでこの映画版のエンディング曲が終わったあとに、
テレビシリーズの初代OP曲がかかったとき、
「わかってる・・!!!こいつらわかってるよ!!!!」
と思ってそこでも泣きました。
実写化、キャストはどうあれ、
福田さんが監督だから楽しみ!という気持ちが強くなりました。
.
.
..
 
書いてみたら思ったより観てましたね・・・
TSUTAYAで借りたのもありますがAmazonプライムは神。
もっともっとAmazonプライムに作品が増えますように。

以上!