読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつきの半目ブログ

極貧で神社育ち、難病持ち、クレイジー家族持ち、オタクのいつきがなんやかんやを書くブログ

さいきん出会った魔法のこと

こんにちは、いつきです。

 

ちょっと昔の話はおやすみしまして、

最近遭遇した魔法の話など書こうと思います。

(知らせていなかったのに親がテレビを見てしまい、親にこのブログがバレました)

(先日会った父親に「小説は書いてるのか〜?」ってバカにした感じでニヤニヤしながら言われてイラっとしたので、今年の父の日はナシの予定です)

 

わたしは普段、あまり「美容」にお金をかけることがないのですが、

まつげパーマを先日、

久しぶりに、かけに行きましてね。

 

施術も仕上がりも、まあふつうだったのですが、

施術が終わったあとに、とあるマスカラをオススメされまして。

わたしは普段、メイクを落とすのが面倒なので、

お湯で落ちるタイプのマスカラ(デジャヴ『塗るつけまつげ』さんにお世話になってます)を使っていて、

それで特に何も不便を感じないどころか、

塗るつけまつげはマスカラ界の最高傑作だとすらおもっているのですが、

まあ、自分が行ったお店のお姉さんにオススメされたら普通話くらいは聞くじゃないですか。

一応人として、耳は傾けるじゃないですか。

 

そしたらね・・・

そのマスカラね・・・

マスカラなのに、

まつげに塗るだけなのに、

「なんとか成分(成分の名前は忘れました)配合で目のむくみが取れて目が大きくなって肌がリフトアップされてシワがなくなり法令線がなくなって頬骨も目立たなくなる

って、

言われたんですよ・・・(稲川淳二風に)

 

いつきは、

「!??!ただの?!!マスカラなのに?!!?」

と、なりました。

多分、そういう顔をしていたとおもいます。

だって、やばくないですか?

まつげにわずかばかりの黒い液体を塗るだけなのに、

お肌がリフトアップされて法令線がなくなるんですよ・・・??

頬骨は一体どういう理屈で目立たなくなるの・・・???

これが本当ならばもはや魔法ですが大丈夫ですか????

ていうか、ただのマスカラなのに効果の範囲が広すぎませんか?????

などなど、

いつきは様々な言葉が口に出かかりましたが、

それは・・・すごいですね・・・

と言うにとどまりました。

 

ちなみに、

「わたしも愛用しています^^」

と笑顔でサロンのお姉さんに言われたのですが、

特にそのお姉さんの目が大きい、

ということはありませんでしたので、ここに記しておきますね。

信憑性!!!

 

 

そして、いつきはただいま(今というか大体いつも)絶賛ダイエット中なのですが、

(おひるごはんは主にチムチムさんにお世話になっています)

ふっと予約が空いて、

「このあと少し暇だわ・・・」

となったときに、

たまっている仕事をすればいいのに、先日いつきは、

「あ・・・おなかを引っ込めてくれる的なエステに行きたい・・・」

と、よくないアイディアを思いついてしまったんですね。

正面から見ておなかがね。出ているんです。いつきは。(要らない情報)

そこで、

「今から行けて、近所で、安くて、口コミがたくさんある」

という条件で探したエステにふらりと行ってみたのです。

「くびれ」を作ってくれるというサロンに。

よく調べずに行ったわたしももちろん悪いのですが、

どんなことをしておなかを引っ込めてくれるのか、全然見ていなかったんですよね。

そうしていつきがふらりとたどり着いたエステでは、開口一番、

「申し訳ありませんが、お腹の前のほうには施術はできません・・・お腹の横には施術できるのですが・・・」

と、

お腹の横も前も、どこもくびれていない、

森三中さんの真ん中の方、みたいな体型のお姉さんに言われました。

「お腹の横にはできても、前にはできないってどういう理屈なんだろう・・・?」

と思いながらも、いつきは

「わかりました」

と言っておなかの横を施術してもらうことにしたのですが、

何をしてお肉をとるのかなあ・・・

とおもったら、

「塗るだけで脳細胞に指令が行き、脂肪と老廃物が血液中に溶け続けるジェルを塗り、塗った部分は押すと好きな形に凹むので凹ませたい形に押す」

という、かんたん!ジェルを塗って押すだけ!の、

驚きすぎる施術方法だったんですよね。

「・・・・・・」

いつきは沈黙しました。

ジェルを塗るだけで脳細胞に指令が届いて脂肪が溶け続ける・・・

そして押すと好きな形に凹むなんて・・・

それはもはや、美容を通り越して魔法のやつでは・・・????

と、またも色々おもいましたが、いつきは、

なるほど。

とだけ言って頷きました。

目の前には笑顔の森三中体型なお姉さん。

 

信 憑 性!!!!!!!!!

 

でもいつきは、もうおとななので、

もうすでに来ちゃっているので、

黙って森三中お姉さんにジェルを塗ってもらうことにしました。

お姉さんはそんな魔法のジェルが目の前にあるにも関わらず、脂肪の鎧を全身にまとっているようにしか見えませんでしたが、

いつきはジェルをお腹の横、というか後ろ?に、

塗ってもらって、お姉さんの手でソフトに押してもらいました。

それはそれは大きな合わせ鏡の前で。

「帰ったらぜひウェストのサイズ、測ってみてくださいね^^」

と言われたのですが、

「今は測ってくれないのかよ!」

って、おもいました。

効果のほどは、当然、お察しください

わたしはもう今後、しばらくは、あんなに大きな合わせ鏡の前に立つことはないでしょう。

 

そしてこのエステに行って思い出したんですけどね。

はるか昔、

いつきが学生の頃にも初回お試し的な感じで痩身エステに行ったことがあったのですが、

その時は施術前に体重を計り、

大きなアルミホイル的なものに包まれて温められて汗をたくさんかいて、

からだじゅうこれでもかというほど揉みまくられて、

「さあ、どれだけ体重が減ったかもう一度計ってみましょう^^」

というところだったのですが、

施術後に計ったほうが、

体重、増えてたんですよね。

お姉さんもわたしも、「あ、あ、」って気まずくなって、

「すみません、もう一度乗っていただいてもいいですか・・・?」

って言われたのでそれはもう凄い勢いでもう一度体重計に乗ったんですけど、

最初より増えた数字はやはり増えたままで少しも変わらなかったんですよね。

あんなに汗をかいたのに何故・・・??

あの汗はどこに行ったの・・・????

わたしのからだがミラクルすぎて自分で自分にびっくりしたというか、

なんならやや引いたのですが、

きっとあの時のお姉さんはその七倍ぐらいはびっくりしたんだろうな。

いま思い出しても気まずい出来事です。

 

わたしにはそもそも論としてエステ運がないのかもしれないですね。

そんな運勢があるのか知らないですけどね。

お金持ちではないわたしは地道にがんばろう。

妹みたいに内出血が酷くなりすぎない程度に、かっさとかをがんばろうと思います。

(魔法以外のいい情報があったらお待ちしています)